• ホーム
  • 旅行前に生理周期をコントロールしたい!トリキュラーを服用して生理周期を調整できる

旅行前に生理周期をコントロールしたい!トリキュラーを服用して生理周期を調整できる

薬を飲む様子

旅行前などのイベントがある時に生理になるとテンションが下がる女性が多いのは事実ですが、トリキュラーを服用することで、生理周期をコントロールすることができます。トリキュラーの錠剤には赤や白・黄色などのカラーがあり、3色に分けてあることが特徴です。3種類の錠剤は含有されているホルモンの量が違い、目的に応じて使う色を選ぶことができます。普段から服用している人と、そうではない人でコントロール方法が違います。すでにピルを服用している人は、休薬期間に過ごし方を変える必要があります。

21日目の錠剤を飲み終わった後も休薬期間に入ることなく継続しますが、すぐに新しいシートへ移り遅らせたい日数だけ黄色い錠剤を服用していきます。黄色い錠剤を飲み終えた後も続けて生理を遅らせる場合は、次のシートの1錠目から飲み始めることができます。トリキュラーの服用をやめると、やめてから1?3日ほどで普段よりも経血量が少なめの生理が開始します。ピルを服用していないユーザーは、部分的にトリキュラーを服用することで生理周期をコントロールすることができます。生理予定日の5?7日前から服用し始めますが、生理を遅らせたい期間までそのまま順番に服用を継続していきます。

旅行などのイベントが終わった後にピルの服用をやめることで、1?3日後に生理が開始されます。ピルを普段から服用している人とそうではない人とは、服用方法に違いがありますが、イベントを思う存分楽しむことができるように正しい服用を行います。この方法で遅らせることができる期間は、一般的には約10日程度とされておりピルを飲み続けても10日目くらいになると消退出血が起こります。

普段から服用している人は生理を遅らせることだけではなく、早めることも可能です。生理を早める時の服用方法は、早めたい日数分だけ服用を続けますが当日になったら、服用をやめることで数日待つことで生理がきます。普段は服用していない時や生理の日を遅らせたいときは、旅行の最中も服用し続ける必要があります。生理を早めてしまえば旅行の時には生理が終了している状態なので、ピルを服用し続ける煩わしさがありません。

普段から服用していないという人は、あらかじめ準備をしておく必要がありますが、失敗しないために10?14日間はトリキュラーを服用している期間を作ります。早めたいとする生理より一つ前の生理の段階で、服用を始めることがコツです。旅行前に生理周期をコントロールして、温泉や海水浴などへの旅行も快適に過ごすことができるのが特徴になります。